12月 3, 2014

オンラインカジノは違法か適法か

Written by

日本国内でも客にオンラインカジノをやらせ金銭の受け渡しをその場でしている業者が逮捕されています。

しかし個人がプライベートで海外サイトに接続し行なう賭け事は野放し状態。
何故かと言えば、日本国内で行なわれている場合は摘発が容易であると同時に証拠集めが確実に行なえるからです。
ところが海外では合法な、本拠地が日本国外に在るサイトで行なわれている賭博を検挙する事は非常に難しい上に数も多く、検挙するには敷居が高いのです。
とは言え、それを根拠に適法である合法であると言うのは早計過ぎます。

もしも日本国内で検挙可能な状況に変化してしまえば、悪質な行為から優先して逮捕されるからです。
そこは自動車運転における速度違反の取り締まりに似ているかも知れません。
捕まりはしなかったが速度違反をした経験のある方は少なくないと考えられますが、それは決して取締りをしていない訳でも、適法だからでもありません。

正しくは今現在の日本の法律では適法でも違法でも無い状態なのです。
今後オンラインカジノ人口が増え、トラブルも増加すれば法改正がなされる可能性は非常に高いと推測するのが妥当です。

グレーゾーンとは適法とも違法とも言えないからこそ使われる言葉です。
同時に、適法にも違法にもなり得るのです。

日本においてもカジノを合法化しようと言う動きが活発になっていますが、折角やるのならばオンラインカジノも是非法改正を働きかけ、適法となった時にこそ堂々と行なうのが一番妥当だと考えられます。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme